FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者よ、ありがとう!

今朝、ベッドでまどろむ私に朗報が届いた。

「先生、合格しました。有難うございました。」

彼女は宝塚音楽学校の受験生として4年前から歌のレッスンに通うようになった。
私はその道の専門ではないから、大変戸惑ったのだけれど、どうしてもうちで勉強したいという強い意志に私の方が圧倒されてのレッスンだった。

しかし、ご存じのように宝塚は狭き門。
1000人以上が受験して合格はたった40人。
しかも昨年からは大きく受験方針も変わった。

1年目はお試し受験だったから、落ちたときにもまだ先がある、と思っていたけれど、昨年はあとちょっとと言うところで落ちてしまった。周りのショックも大きくて。
しかし、彼女は落ちたその日、涙ながらに帰ってきた飛行機が羽田に着いた瞬間に「来年こそ通って見せる!」と強い意志を固めた。
戸惑うご両親を説得し、すぐさまうちにも4年目のレッスンに通い始めた。
もう、私も半端な気持ちでは受けられない。
ということで、1年間、がっちりと方針を決めて取り組んだ。
今年がラストチャンスだった。

元旦には神社でお守りを貰ってきてかたく念を入れて・・・。

最後のレッスンの時に「自信を持って行ってらっしゃい」と見送って、そして1週間後にこの朗報。本当に涙が出た。

4年の間に彼女が休んだのはたったの1回の風邪。
特にこの1年は、時には厳しいレッスンだったが、一度も落ち込むこともなく前を向いて頑張った彼女を今思いっきり抱きしめたい気持ち。


そして、夜は息子のバンド「新世界リチウム」のレコ発ライブに行ってきた。
下北沢「シェルター」

中学校の時に「いつかあそこに出たい」と言っていたライブハウスだった。

IMGP0648.jpg


1年振りに聞いた新世界は、大変成長したバンドになっていて嬉しかった。
そして、最も感動することは、結成して3年になるのにひたすら真剣に音楽に取り組んでいる姿勢だった。

子供という物は家の中では欠点しか見えなくなるから親はみな「うちの息子は・・・」って口にするのが普通だと思うが、こういう姿を見るとやっぱり安心できる。また応援しようって本気に思えたことが嬉しかった。

まっすぐに、必死に生きる若者達の心を、違う方向から感じられた今日は幸せという日だった。
そして、奢ることなく、キャリアにもたれる事無く、私もまっすぐに前を向いて生きていこう、という勇気も若者からいただいた。

3月30日 ありがとうの日。
スポンサーサイト

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mucal

Author:mucal
小坂明子ブログに来てくれて有り難う!
作曲家・作詞家・ピアニスト・歌手・母・妻 その他たくさんの顔をここからのぞいて下さい。
公式HPはhttp://a-kosaka.com/
メールはakiko@a-kosaka.comにくださいね。

只今ピアノインスト「Pianade」(ピアネード)好評発売中!

ライブ情報
3月はいろいろなライブで東京・大阪・福岡で出演します。
最新記事
テレビ・雑誌  
11月22日、関西テレビ50周年企画の番組に出演
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。